RSS
 

メンテナンス

<反り返さない、絞めすぎない、続けない>

ピン式のベルトの場合、ベルトを絞めるとき、ピン式に穴を通すのにベルトをグイっと反り返して穴に入れる人が多いのではないでしょうか。これはベルトを傷める最もよくない絞め方です。絞めるときそりかえさず、まっすぐ引っ張って絞めるようにしましょう。

ふだんきつく絞めすぎている人がいらっしゃいますが、これは(身体のためにもよくありませんが)ベルトにも負担が大きく、早く痛む原因となります。

毎日同じベルトを続けて使うことは避け、数本をローテーションで使うようにして、なるべく革の疲労や消耗が進まないようにすることが大切です。

<ベルトのお手入れと注意>

艶と革を美しい状態に保つために、時々市販の皮革用クリームをご使用下さい。

スウェードの場合は起毛が命ですから、汚れ落としと起毛を促すためにもブラシや目の細かいサンドペーパーなどでこすってお手入れをします。

目立たない部分でテストをしてから実行することをおすすめします。

そのほか

●濡れたときは陰干しで乾かす。

●保存するときは湿度の高い場所は避ける。

●ベンジン類の使用は避ける。

等を心がけて下さい。

<お手入れのヒント>

水に濡れてしまった

水に濡れたときは、布や紙で水分を吸い取り、形を整えてから陰干しして下さい。天日や火で直接に乾燥させるのはさけて下さい。よく乾燥したあとは、乳化性のクリームを与えておきましょう。なお、乾いてから丁寧に磨いて下さい。

カビが生えた

カビは、生えてしまって手遅れになると、拭き取っても根が皮革の組織に入っていて、元通りになりませんので十分に注意して下さい。

カビの発生は汚れ、湿度、温度の三つの要素がそろうと繁殖します。

特に高温で湿気の多い場合は危険です。従って、しまうときは汚れを落とし、よく手入れしたあと乾燥(陰干し)させ、涼しい場所に保管するようにして下さい。

キズがついた

引っかきキズ程度の浅いものなら、乳化性のクリームを刷り込めば復活します。これをマジックペンなどでごまかすと、そこだけ不自然にテカって余計に目立ってしまう場合があります。

ページトップへ